ブログの作り方

SiteGuard WP Pluginの設定方法と使い方を解説!【2020年7月版】

この記事では「SiteGuard WP Plugin」の設定方法から使い方までを、画像付きでわかりやすく解説していきます。

ConoHaWINGでは初めから入ってるこのプラグイン

「SiteGuard WP Plugin」

を活用すると、WordPressを不正アクセスから守ることができます。

他のワードプレスおすすめプラグインはこちらの記事をどうぞ▼

【ワードプレス】おすすめプラグインを7つ紹介!ブログ運営をもっと便利に!この記事では初心者におすすめのプラグインを紹介します この記事は今ブログを始めたばかりという初心者向けなので、あまり高度なプラグイ...
当サイトも使ってるWPテーマ『JIN』

SiteGuard WP Pluginとは?

「SiteGuard WP Plugin」とは、

WordPressの管理画面とログイン画面を保護するためのWordPressプラグイン

です。

WordPressの管理画面とログイン画面に、悪意のある第三者によってログインされてしまうと、

  • サイト改ざん
  • 個人情報の不正取得

など大きな被害に合う可能性があります。

そんな時に「SiteGuard WP Plugin」をいれておけば、WordPressの管理画面とログイン画面を悪意のある第三者から保護してくれます。

したがって、上記のような被害に合う可能性が低くなるのです。

ヒトデ君
ヒトデ君
無料で利用できるから、サイトのセキュリティを上げたい方は積極的に利用しようっ

SiteGuard WP Pluginのインストール・設定方法

まずはWordPressのダッシュボードにログインします。

左メニューで、

「プラグイン」 → 「新規追加」

とクリックします。

表示された画面の右上のキーワードの部分に「SiteGuard WP Plugin」と入力すると、

検索結果に「SiteGuard WP Plugin」が表示されます。

そこの「今すぐインストール」をクリックしてプラグインをインストールしていきます。

ヒトデ君
ヒトデ君
サーバーによってはWordPressのインストール時にすでに「SiteGuard WP Plugin」がインストールされている場合あるよ!

その場合は次に説明するように「有効化」をクリックしようっ

インストールが完了すると、上記のように「有効化」ボタンが押せるようになります。

「有効化」ボタンを押して、プラグインを有効化しましょう。

有効化が完了すると、

「ログインページURLが変更されました」

と表示された、上記のような画面に遷移します。

新しいログインページURLをクリックしてログイン画面に遷移します。

すると上記のようなにログイン画面に遷移します。

見た目はほぼ変わっていませんが、

  • ログインURLの変更
  • 画像認証の追加

が有効化した時点で変化しています。

ブラウザの検索窓に表示されたURLが今後のログインURLとなるので、こちらは忘れずにメモしておき、ブックマークに保存しておきましょう。

ヒトデ君
ヒトデ君
忘れると結構面倒臭いので、しっかりメモしておこう!!

→ログインページのURLを忘れてしまった方はこちら

これで、「SiteGuard WP Plugin」のインストールと初期設定が完了です。

ヒトデ君
ヒトデ君
インストールして有効化するだけでも、多少のセキュリティアップが期待できるよっ

ただ、次の章で説明する機能を有効化すると、さらにセキュリティが高まるよ〜!!

SiteGuard WP Pluginのセキュリティの高い使い方

インストールして有効化するだけでも多少のセキュリティアップが期待できます。

しかしよりセキュリティを高めるために、「管理ページのアクセス制限」を設定しましょう。

WordPressのダッシュボードの左メニューから、

「SiteGuard」 → 「管理ページアクセス制限」

とクリックしていきます。

管理ページアクセス制限のページに遷移するので、この機能をONにして、「変更を保存」をクリックします。

これで、「https://あなたのサイトドメイン/wp-dmin/」にアクセスしても、ログイン履歴のないIPアドレスからはログインページにアクセスできなくなります。

ヒトデ君
ヒトデ君
簡単に言うと先ほどメモしたURLを知らないと、自分がログインしたことのないパソコンやスマホからは接続できないってことだよっ

また、ログインしたことのあるIPアドレスでも24時間アクセスがないと、「https://あなたのサイトドメイン/wp-dmin/」から管理ページにアクセスできなくります。

ヒトデ君
ヒトデ君
つまり、サイトにログインしないまま24時間経過すると、先ほどメモしたURLを知らないとログインできなくなるってことだよっ

ログインページのURLの変更方法

「SiteGuard WP Plugin」を有効化すると、自動的にログインページのURLが生成されます。

特に問題は無いのでそのままでも良いですが、そのURLを変更したい方のために、ログインページのURL変更方法を説明したいと思います。

WordPressのダッシュボード左メニューから、

「SiteGuard」→「ログインページの変更」

とクリックしていきます。

上記のようなログインページ変更画面に遷移するので、任意の文字に変更して、「変更を保存」をクリックします。

これで、ログインページURLの変更は完了です。

ヒトデ君
ヒトデ君
自分が覚えやすい文字にすると良いかもっ

ログインページのURLを忘れてログインできなくなった場合の対処法

「SiteGuard WP Plugin」で設定したログインページのURLを忘れてしまった…

そんな方もいると思います。

その場合は、「WordPressの.htacsessを見る」ことで設定したログインページを知ることができます。

ヒトデ君
ヒトデ君
今回は「ConoHa」のサーバーを例に説明するよっ

まずは、

  • メールアドレス
  • パスワード

管理画面にログインします。

サイト管理をクリックし、ログインページURLを知りたいドメインであることをまず確認します。

ヒトデ君
ヒトデ君
違った場合は「切り替え」ボタンから管理ドメインを切り替えようっ

その後、

「サイト設定」→「応用設定」

の順にクリックしていくと、

応用設定のメニューを参照できます。

こちらで「.htaccess」をクリックすると、

上記のように、ログインページ末尾のURLが確認できます。

つまり上記の場合、

https://あなたのドメイン/login_86586

があなたのログインURLです。

契約したサーバーによって確認の仕方は異なりますが、「.htaccess」を確認すれば、エックスサーバーやmixhostでも確認は可能です。

ヒトデ君
ヒトデ君
「WordPress .htaccess サーバー名 確認方法」などでググってみようっ

まとめ:SiteGuard WP Pluginを正しく使ってサイトを保護しよう

今回は「SiteGuard WP Plugin」の設定方法から使い方までを説明してきました。

「SiteGuard WP Plugin」というプラグインは第三者からの不正アクセスを防ぐのに、とても有効なプラグインです。

是非活用して、サイトのセキュリティを強化していきましょう!

他のワードプレスおすすめプラグインはこちらの記事をどうぞ▼

https://hitodeblog.com/plagin-saiteigen

ブログについて教えてほしい!学びたい!という方へ

ブログを始めたは良いけど、よく分からないし、何か難しい……

そんな人のために、ブログで生活しているヒトデと、凄腕アフィリエイターのなかじが直々に

  • 毎週オンラインでブログ講座をしたり
  • ブログの質問や相談に答えたり
  • ブログ仲間と交流できる

オンラインコミュニティ「ABCオンライン」を始めました。

  • ブログが調べることだらけで全然進まない
  • ブログ運営が本当にこれで合ってるのか相談したい
  • ブログを一緒に頑張る仲間が欲しい!

こんな人は、是非ABCオンラインを利用してみてください

ROM専(見てるだけ)でも、確実にブログの力がついていきます。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。